WoToken始めりました!

WoTokenは第2プラストークンともプラストークンの改良版ともいわれるトークンです。

プラストークンの配当原資はアービトラージですが、WoTokenはアービトラージに加えてさまざまな実業(金融・健康系のサービス)からの配当も受けられます。プラストークンにくらべて後発ですが伸びしろが大きいのが魅力です。また日本にあるB2Bの仮想通貨取引所がバックについています。

まずは小野里はじめさんと元スターグラムジャパン大石氏の対談をご覧ください。50分近くありますが、本気で観てくださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=a-tyWC7lTAk

【WoTokenの2019年ロードマップ】

1/ 4期
1.日本のneraex取引所プラットフォームウォレット連携
2.グローバルキャッシュ.hkマスターカード連携
3.保険サービス米国最大アジアの生命保険代理会社、
ウォーアプリに接続済
http://www.transglobalus.com/
4.SKBコイン(日本)の協力 – 韓国語説明
https://www.youtube.com/watch?v=QVk1U46F1fs
5.医療ビッグデータ端末機器を発表
MR Glasses

2/ 4期
1.KYC&AMLのデフォルト装備
2.WOR財団のポーランドライセンス申請
3.国際観光プロジェクトの開始
4.WOEX取引所オープン
5.国際ゲーム事業を開始

3/ 4期
1.オランダの銀行ライセンス申請
2.BVI会社で国際金融標準監査を開始
3.WOエンジェル株主計画開始
4.国際ショッピングモール欧州ライン稼動
5.WOR金融クレジット部門開始
6.金融融資取引所開始

4/ 4期
1.機関投資家Cラウンドを開始
2.オーストラリア、シンガポール、ポーランドにIPO申請
3.グローバルリストツアー開始
4.年間VIP共有配当計画
5.WORトークン為替レートの変動によるユーロ安定化暗号通貨発行

【会員数の増加】

2019年1月から中国版リリース
2019年2月から韓国版リリース

たったの2か月でアプリのダウンロード数が30万に達する。

2019年3月いよいよ日本上陸

【配当について】

1000ドルコース:日利で0.25%から0.3%
5000ドル以上:日利で0.3%から0.6%

【アプリのインストール方法】

※アプリのインストールは無料です。インストールにはひと手間かかりますが、それなりのリターンがありますのでぜひインストールしてください。

アンドロイドをお使いの方は

https://ameblo.jp/wotoken/entry-12447155586.html

iOSをお使いの方は

https://ameblo.jp/wotoken/entry-12447155420.html

【アプリの設定方法】

https://ameblo.jp/wotoken/entry-12447267113.html

GAICAカードを作りました!

だいぶ前から新生銀行をつかっています。

理由は、

1.セブン銀行のATMが使えて、出し入れ自由だった。

2.振込手数料が一回無料だった。

ところが、新生銀行はステージによっては上記の条件を使わない方針をとりました。しかしながら救済策としてGAICAカードをつくれば

1.セブン銀行での出し入れ自由

2.振込手数料が月5回まで無料になる。

月5回の手数料無料は大きいので速攻で申し込みました(^^♪

詳しくは

https://www.gaica.jp/

2017年10月23日 酒蔵ツアーアプリリリースのお知らせ

この度、株式会社ネットマルシェは「酒蔵ツアー」アプリをリリースしました事をご報告いたします。AppStore、GooglePlayに同時公開しております。

スマートフォンから以下のURLをクリックしてください。http://sakagura.fancms-app.com/index.php/market/

目印は以下のアイコンです。

このアプリは株式会社ネットマルシェが企画・開発・販売している「ファンアプリCMS」で制作せていります。

 

 

「中川ちょうぞうアプリ」をリリースしました!

この度、株式会社ネットマルシェ(東京都江東区東雲2-7-5 代表者:後藤賢滋)は政治家、中川ちょうぞう氏の応援アプリ「中川ちょうぞうアプリ」をリリースいたしました。

AppStoreまたはGoogle Playで「中川ちょうぞう」で検索してください。以下のアイコンが表示されます。ぜひダウンロードして応援してあげてください。

スマートフォンから以下のURLをクリックすると、ダウンロードサイトに直接遷移します。ご利用ください。

http://chouzousan.fancms-app.com/

以下に画面のアプリのサンプル画面を掲載します。

アプリ制作のご依頼は以下のフォームからお願いいたします。

[contact-form-7 id=”90″ title=”お問合せ”]

イメージング記憶法、まじヤバイ!

先日、イメージング記憶法の基礎講座に参加しました。

初っ端で20の単語を覚えるテストを受けました。

1.野口英世
2.アザラシ
3.メロン
4.オバマ
5.空
6.田んぼ
7.かぼちゃ
8.ラーメン
9.コウノトリ
10.ストーブ
11.国会議事堂
12.マイク
13.新幹線
14.鉛筆
15.中学校
16.アイスクリーム
17.メジャーリーガー
18.ブルドック
19.黒板
20.自動車

単語だけを思い出せたら1点として、順番と単語があっていたら2点で採点しました。
なんと結果は5点でした。最近、本当に頭の老化が気になっていました。思った通りの結果でした。
一緒に参加していた68歳のIさんは2点、48歳のMちゃんは16点、18歳のS君は14点でした。

先生にイメージング記憶法をならって、すべてを覚えなおしました。その結果は

僕:30点
Iさん:28点
Mちゃん:40点(満点)
S君:40点(満点)

となりました。
そして、いまだにその順番と単語をすべて覚えています。
短期記憶ではなく長期記憶となっています。
これってマジで凄くないですか?

という事で僕はイメージング記憶法をもって広めるお手伝いをすることにしました。

マジですごいです。

https://alivehuman.org/lpnr/

 

iOSでプッシュ通知:PEMファイルの作り方

一番、必要な個所だけ転載させていただきます。

4. 自分のサーバーに配置するためのSSL証明書と鍵を作成する(2種類のpemファイルを作成)

(1) キーチェーンアクセスからSSL証明書と鍵を取得する。左側のペインの自分の証明書 > Apple Development IOS Push Services: *** をクリックして展開して、証明書と秘密鍵の両方が表示させる。

(2) 証明書と鍵の両方を選択して、ファイル > 書き出す」を選択、それらを「個人情報交換(.p12)」ファイルとして書き出す。

(3) サーバーで使えるように、以下のコマンドで.p12形式を.pem形式に変換する。AppNameDev.pemファイルが作られる。(「AppNameDev」部分を書き換える。)

$ openssl pkcs12 -in AppNameDev.p12 -out AppNameDev.pem -nodes

 

出典:http://d.hatena.ne.jp/MonteCut/